【Rinkeby テストネット 編】暗号資産でJPYCを購入する機能の使い方


この記事では暗号資産支払いによるJPYCの購入機能の使い方について、説明していきます。現在は、Rinkebyテストネットのみでの公開で、この機能で取得したJPYCは実際には使うことができませんので、あらかじめご了承ください。

JPYCを購入するためには3ステップありますので、初めての方は1つずつマスターしていただけると嬉しいです。


--------------------------------------------------------------------------------------

目次

--------------------------------------------------------------------------------------


JPYC購入までのステップ




1.JPYC Apps でJPYC購入にアクセスしよう!



1.JPYC公式ホームページを開いてください。


2.JPYC Appsを押してください、場所は下の画像の赤い部分にあります


3.暗号資産で購入をクリックしてください。


2.ウォレットを接続しよう!

1.Metamask上でRinkebyテストネットワークを選択し、ウォレットに接続してください。


Rinkebyテストネットワークを選択


「ウォレットに接続」をクリックし、Metamaskを接続します



3.支払いに使用する暗号資産(ETH, DAI, USDC)を選択しよう!


1. 支払いに使用する暗号資産(ETH, DAI, USDC)を選択する


2. 使用する暗号資産の量、または受け取りたいJPYCの数を入力


入力した暗号資産の量から購入できるJPYCの数が自動で計算されます。反対に購入したいJPYCの数値を入力すると購入に必要となる暗号資産の量が表示されます。



3. 使用する暗号資産の取得する

Rinkebyテストネットを使用するためには、無料で入手できるテストネット用ETHが必要です。

また、USDCやDAIで機能を使う場合はRinkebyテストネット用USDC, DAIが必要となります。

3-1 ETHを取得する

残高の横に表示される「ETHを取得する」のリンクをクリックすると、RinkebyテストネットのFaucetページにアクセスできます。

自分のアドレスをツイートし、ツイートしたリンクを貼ってボタンを押せば受け取れます。詳しくはアクセス先のサイトの指示に従ってください。


3-2 ERC20(DAI/USDC)を取得する

テスト用にUSDCとDAIのコントラクトを作成しています。残高の横に表示される「DAIを取得する」または「USDCを取得する」のリンクをクリックするとetherscanに遷移し、用意されている「mint」の関数を叩くことでERC20を取得できます。


  1. etherscanのリンクに飛ぶ
  2. 「Connect to Web3」のボタンを押してwalletをetherscanに接続する
  3. 丸が緑に変わり、「Connected」と表示されたら接続完了
  4. 「4. mint」の関数を開く
  5. 第一引数は自分のアドレス、第二引数は取得したいERC20の数値を記入して「write」を押す
    *DAIは18桁、USDCは6桁で表現します、例えば10DAI欲しい場合は10000000000000000000と記入します。



4.購入するをクリック




「購入する」をクリックした後、トランザクションを承認してください


完了です!Etherescanでトランザクションを確認できます。

※コントラクトの仕様によりトランザクションが失敗する場合もございます。





暗号資産によるJPYC購入機能の紹介は以上になります!お疲れ様でした!




注意:JPYCが届くまでの間に「トークンの追加」をしよう!!

MetamaskでJPYCを表示するためには、JPYCのトークンを追加する必要がございます。

トークン追加方法に関しては下記の記事をご参考ください。

【Polygon編】ウォレットにJPYCのトークンを追加する